人形工房 吉貞

男の子のお誕生日のお祝いに

端午の節句の意味とは

もともとは、男子の誕生に対しての思いが現在とは、少々違ったように思います。 昔の男の子に求められたのは、家の跡取り、立身出世、強く逞しく、等々そのため男の子の節供は、外に向かってのものがあるわけです。 たとえば、武者幟や鯉のぼり庭や畑や門等に立て、ご近所に対しての披露目の意味がありました。 またこの幟類がひらひらする事で神社の幣束同様、神様に降りてきてもらう為の、よりしろの役割もあるようです。

羽子板 号数

端午の節句になぜ五月人形(鎧兜)を飾る

家の中に飾る鎧や兜等がお雛様同様、
赤ちゃんの分身として赤ちゃんの代わり
となって厄災をひきうけてくれるための
贖物(あがもの)や撫物(なでもの)の
ような役割となります。

五月人形の飾る時期

五月人形(鎧兜)は一般的に3月下旬~4月中旬くらいに、
遅くても4月29日までには飾りはじめ、
こどもの日を過ぎたくらいで仕舞うのがよろしいと思います。

五月人形(鎧兜) 商品一覧へ

五月人形(鎧兜) 商品一覧へ

名札名入れサービス

名札名入れサービス

人形工房 吉貞の五月人形(鎧兜)

一生に一度の贈り物、良い五月人形(鎧、兜)を。
五月人形(鎧、兜)は、いわば生まれてきた赤ちゃんの分身であり、厄災や不幸を引き受けてくれるものです。
昔からの慣わしや風習だけとなり形骸化していく気がしております。
そこで、先人たちがどういう思いでこの行事を始めたのか、どのように変遷して今形になってきたのかなど、ぜひ次の世代まで伝えたいそんな思いで販売しております。

配達サービス

配達サービス

五月人形(鎧兜) 商品一覧へ

五月人形(鎧兜) 商品一覧へ

ページのトップへ戻る