人形工房 吉貞

災いを射るような力強い成長を願って

魔除け厄除けのお守り 破魔弓飾り 暮物

「破魔弓」とは、読んで字の如く「弓で魔を破る」という意味がありますが、これと関わりが深いものに室町時代から現代に伝わる「鳴弦の儀」があります。これは弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、魔除け(鬼除け)・邪気払いをするという意味のある儀式です。 今日の皇室においても、お子様が誕生して七日目に「読書・鳴弦の儀」が行われています。
この他にも弓を用いた儀式として、正月にその年の年占いと厄除けで行っていた「弓射(ゆみいり)」や家を造る際の上棟式に、屋根の上に弓と矢を北東に向けて飾る「鬼門除け」などがあります。 このように縁起物として認知されてきた弓と矢を組み合わせたものが、現代の「破魔弓」の基になっています。

破魔弓 号数

破魔弓 号数

号数は寸(1寸=約3.03cm)と同じです。
ケースサイズにより大きさが変わりますので、飾る場所によってお選びください。

・破魔弓08号:ケースサイズ:間口21cm 奥行17cm 高さ37cm ・破魔弓11号:ケースサイズ:間口27cm 奥行24cm 高さ46cm ・破魔弓13号:ケースサイズ:間口24cm 奥行20cm 高さ47cm ・破魔弓15号:ケースサイズ:間口25cm~30cm 奥行23cm~26cm 高さ46cm~55cm ・破魔弓17号:ケースサイズ:間口29cm~38cm 奥行23cm~29cm 高さ63cm~71cm ・破魔弓18号:ケースサイズ:間口31cm~35cm 奥行24cm~29cm 高さ63cm~67cm ・破魔弓20号:ケースサイズ:間口27cm~38cm 奥行24cm~30cm 高さ67cm~74cm

破魔弓の飾る時

新暦である現代、一般的に12月中旬から1月15日位までお飾りします。
これは毎年、暮れから新春を迎える時期を無事に過ごしてもらいたいという願いなのであります。

破魔弓(はまゆみ) 商品一覧へ

破魔弓(はまゆみ) 商品一覧へ

名札名入れサービス

名札名入れサービス

人形工房 吉貞の破魔弓飾り

人形工房 吉貞では、確かな品質と昔からの伝統の技法、卓越した技術を認められた「現代の名工」が織りなす破魔弓です。
売られている破魔弓の中にはコストを下げて安価な破魔弓も多く販売されています。
吉貞では、品質及び制作に十分な手間をかけているからこそ価値のある破魔弓なのだと思っています。
その価値を見出すのはお客様なのです。男の赤ちゃんの一生に一度の贈り物、悔いの残らないお買い物をなさってください。   

配達サービス

配達サービス

破魔弓(はまゆみ) 商品一覧へ

破魔弓(はまゆみ) 商品一覧へ

ページのトップへ戻る