人形工房 吉貞

羽子板は、新春を華やかに彩ります!

魔除け厄除けのお守り 羽子板飾り 暮物

「羽子板」と聞いてまず頭に浮かぶのは「羽根つき」だと思います。室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼の子勝負」といい、正月にその年の年占いということで、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、厄除けを祈願したといわれています。江戸時代になると、胡鬼板(羽子板)に金箔を施したものの上に、左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除け・邪気除けとして、貴族への贈り物や婚礼・出産の祝いとして用いられました。左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除け(鬼除け)の儀式で、今日では「どんど焼き」などといわれ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、その火で焼いた餅を食べて邪気を払う儀式として各地で行われています。 やがて、その左義長羽子板に美人画が描かれるようになり、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。

羽子板 号数

羽子板 号数

号数は寸(1寸=約3.03cm)と同じです。
ケースサイズにより大きさが変わりますので、飾る場所によってお選びください。

・羽子板13号:ケースサイズ:間口24cm~30cm奥行20cm~24cm高さ47cm~55cm
・羽子板15号:ケースサイズ:間口25cm~34cm奥行22cm~30cm高さ46cm~64cm
・羽子板16号:ケースサイズ:間口60cm奥行22cm高さ58cm
・羽子板17号:ケースサイズ:間口37cm奥行29cm高さ68cm
・羽子板18号:ケースサイズ:間口40cm奥行31cm高さ76cm

羽子板の飾る時期

新暦である現代、一般的に十二月中旬から一月十五日位までお飾りします。
これは毎年、暮れから新春を迎える時期を無事に過ごしてもらいたいという願いなのであります。

羽子板(はごいた) 商品一覧へ

羽子板(はごいた) 商品一覧へ

名札名入れサービス

名札名入れサービス

人形工房 吉貞の羽子板飾り

人形工房 吉貞では、確かな品質と昔からの伝統の技法、卓越した技術を認められた「現代の名工」が織りなす羽子板です。
売られている羽子板の中にはコストを下げて安価な羽子板も多く販売されています。
吉貞では、品質及び制作に十分な手間をかけているからこそ価値のある羽子板なのだと思っています。
その価値を見出すのはお客様なのです。悔いの残らないお買い物をなさってください。

配達サービス

配達サービス

羽子板(はごいた) 商品一覧へ

羽子板(はごいた) 商品一覧へ

ページのトップへ戻る