雛人形(ひな人形)の飾り方 (男雛と女雛、どちらが右? 左?)

  • 親王飾りの飾り方
  • 結婚式もそうですが、お雛様も向かって左に男雛、右に女雛と決まっています。
    ところが、大正時代以前と、現代でも京都では、これが逆なのです。 日本の礼法では向かって右が上座だったので、雛人形も男雛が右でした。 俗に京雛と呼ばれ、雛人形のお内裏様は天皇・皇后の姿を模しています。
    この左右が入れ違ったのは昭和の始めでした。 昭和天皇の即位式が紫宸殿で行われた時、欧米にならい向かって左に天皇陛下、右に皇后陛下がお並びになったことから、 当時の東京の人形組合がお雛様の左右を入れ替えて飾ることに決めたからです。
    ところが京都だけは、大正以前の京都御所の天皇の並び方を故実を基に守っているため、向かって右に男雛、左に女雛という飾り方をしています。
    いづれにしてもどちらの並びも正しいといえますので、それぞれお好みの飾り方を楽しめばいいのでは。

親王飾りの飾り方

親王飾りは、「男雛」と「女雛」の2つの人形がペアになった雛人形です。

  • 1、男雛(おびな)

    2、女雛(めびな)

    3、親王台
      (しんのうだい)

    4、屏風(びょうぶ)

    5、雪洞(ぼんぼり)

    6、菱台(ひしだい)

    7、三方(さんぽう)

    8、橘(たちばな)

    9、桜(さくら)

    10、飾り台(かざりだい)

  • 親王飾りの飾り方

    親王飾りの飾り方

三段飾りの飾り方

三段飾りは、「男雛」と「女雛」の2つに、三人官女を加えた雛人形です。

  • 1、男雛(おびな)

    2、女雛(めびな)

    3、親王台
      (しんのうだい)

    4、屏風(びょうぶ)

    5、雪洞(ぼんぼり)

    6、三方(さんぽう)

    7、菱台(ひしだい)

    8、加えの銚子
      (くわえのちょうし)

    9、三方(さんぽう)

    10、長柄銚子
      (ながえちょうし)

    11、官女台
      (かんじょだい)

    12、高杯(たかつき)

    13、橘(たちばな)

    14、桜(さくら)

    15、御駕籠(おかご)

    16、重箱(じゅうばこ)

    17、御所車
      (ごしょぐるま)

    18、飾り台(かざりだい)

  • 三段飾りの飾り方

    三段飾りの飾り方

七段飾りの飾り方

七段飾りは、15人揃いの大変豪華な雛人形です。

  • 1、男雛(おびな)

    2、女雛(めびな)

    3、親王台
      (しんのうだい)

    4、屏風(びょうぶ)

    5、雪洞(ぼんぼり)

    6、三方(さんぽう)

    7、加えの銚子
      (くわえのちょうし)

    8、三方(さんぽう)

    9、長柄銚子
      (ながえちょうし)

    10、官女台
      (かんじょだい)

    11、高杯(たかつき)

    12、太鼓(たいこ)

    13、大皮(おおかわ)

    14、小鼓(こつづみ)

    15、笛(ふえ)

    16、扇(おうぎ)

    17、五人囃子台
      (ごにんばやしだい)

    18、右大臣(うだいじん)

    19、左大臣(さだいじん)

    20、随身台(ずいしんだい)

    21、菱台(ひしだい)

    22、御膳(おぜん)

    23、台笠(だいがさ)

    24、沓台(くつだい)

    25、立傘(たちがさ)

    26、市丁台
      (しちょうだい)

    27、橘(たちばな)

    28、桜(さくら)

    29、箪笥(たんす)

    30、挟箱(はさみばこ)
      長持(ながもち)

    31、鏡台(きょうだい)

    32、針箱(はりばこ)

    33、火鉢(ひばち)

    34、茶道具(ちゃどうぐ)

    35、御駕籠(おかご)

    36、重箱(じゅうばこ)

    37、御所車
      (ごしょぐるま)

    38、毛せん(もうせん)

  • 七段飾りの飾り方

    七段飾りの飾り方

雛人形(ひな人形)を飾る時・しまう時の注意点

  • 雛人形(ひな人形)を飾る時・しまう時の注意点
  • 雛人形を飾る時は、日当たりの良い所や、人形に直接温風があたるような場所は避けましょう!!
    変色や変形の原因になります。湿気も強すぎるとカビの原因になります。
    また、箱から出す時に、お人形やお道具類の順番を写真に収めておくと、片付けの時に役立ちます。

    雛人形をしまう時は、天気が良くて、湿気のない日にしましょう。!!
    ほこりをよく落として、顔や手の部分などは素手でさわらないようにして片付けましょう。

送料無料