魔除け厄除けのお守り 羽子板飾り 暮物

「羽子板」と聞いてまず頭に浮かぶのは「羽根つき」だと思います。
室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼の子勝負」といい、正月にその年の年占いということで、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、厄除けを祈願したといわれています。
江戸時代になると、胡鬼板(羽子板)に金箔を施したものの上に、左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除け・邪気除けとして、貴族への贈り物や婚礼・出産の祝いとして用いられました。
「左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除け(鬼除け)の儀式で、今日では「どんど焼き」などといわれ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、その火で焼いた餅を食べて邪気を払う儀式として各地で行われています。
やがて、その左義長羽子板に美人画が描かれるようになり、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。

羽子板(はごいた) 飾る時期

羽子板(はごいた)の飾る時期

新暦である現代、一般的に十二月中旬から一月十五日位までお飾りします。これは毎年、暮れから新春を迎える時期を無事に過ごしてもらいたいという願いなのであります。

羽子板(はごいた)の歴史

羽子板(はごいた)をどうして、飾るのですか?

羽子板、左義長のお話です。昔中国で宗教家同士の争い事があり、王の前で裁判となった左には仏教、右には道教の経典が積み上げられていたが、 右の道教の本から炎が上がり燃えてしまった。これを見た王は、左の教義の方が勝って(長)いると言ったというお話があります。 お話から長い年月を経て、日本に伝わった左義長の儀式は、どん度焼きというお札やしめ縄を焚き上げる儀式になりました。 経典から上がった炎の形(三角形)の板が、の胡鬼板(式板)となりました。江戸 時代になると、胡鬼板に末広がりの形を強め羽子板として 金箔を施したものの上に、左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除け・邪気除けとして、貴族への 贈り物や婚礼・出産の祝い として用いられました。やがて、その左義長羽子板に美人画が描かれるようになり、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。 もともとそういった儀式で病魔退散を願う式板なので、女児の鬼除け(邪気払い)の飾り物とするようになりました。 江戸時代、羽子板祓いの役目の他、その形に末広がりの縁起を取り入れ 現在の末広形の中に歌舞伎の華やかさを形象化して納める美術要素が取り入れられ、 一年の大きな変わり目とされる年の暮れから正月に、邪気払いをするための、伝統工芸品として活躍してきています。

羽子板(はごいた)の号数について

羽子板(はごいた) 号数

号数は寸(1寸=約3.03cm)と同じです。ケースサイズにより大きさが変わりますので、飾る場所によってお選びください。
・13号:ケースサイズ:
 間口24cm~30cm奥行20cm~24cm高さ47cm~55cm
・15号:ケースサイズ:
 間口25cm~34cm奥行22cm~30cm高さ46cm~64cm
・16号:ケースサイズ:間口60cm奥行22cm高さ58cm
・17号:ケースサイズ:間口37cm奥行29cm高さ68cm
・18号:ケースサイズ:間口40cm奥行31cm高さ76cm

羽子板(はごいた)を選ぶ時の悩みを解決 よくあるご質問!!

  • 女兄弟ですが、1人1つ必要ですか?

    お節句に関しての飾りものは、身祝いと言って、その方の誕生を祝い無事成長してくれる事を願っての通過儀礼のようなものです。
    宗教ではありませんので、こうでなければとは、申し上げられませんが、羽子板の場合その子用(お一人づつ)の、邪気払いの道具ご用意いただければと思います。

  • お嫁さん側のお父様から頂くのが一般的と聞きますが?

    風習としては、そうなっております。ただ、時代や社会の中でご両家の役割も変わってきているように思います。 ご両家で半分ずつや、婿型で自分の好きなものを用意するなど、色々なケースが出てきていることも事実です。
    どちらにしても、かわいいお孫さんのためですので、上手にご相談頂いて、お求めいただくのがよろしいかと思います。

  • 12月生まれの子は、羽子板は購入した方がいいでしょうか?

    12月にお生まれで、年内の行事として羽子板飾りの購入をご相談されるケースも多いのですが、基本お宮参りの後にという考え方で良いと思います。ですからお宮参りがお済みにならない状態で年を越してしまう場合などは、ひな祭りを先に行って頂いてよろしいかと存じます。

  • 羽子板をお祝いで頂きました。お返しはなにを贈るのがよいでしょうか?

    暮れに赤ちゃんにしてあげる送り物でお歳暮と書きます。
    お祝いという扱いではないものですからお返しは、なしというのが考え方です。

  • 羽子板は、どこに飾るのがよいのでしょうか?

    飾る場所については、昔であれば床の間という所ですが、現在の住宅事情では、そのようなぜいたくは、言えませんので、直射に当たらない所に飾って頂ければと思います。

  • 羽子板は、何歳まで飾るものでしょうか?

    決まりはないが体力的に心配のない年齢になったら正月の雰囲気を味わう為の飾りものとして利用して頂けばよいと思います。

  • 着物は、どんな素材を使ってますか?

    押し絵板の場合でも、生地が使われるのは、見えていつ部分だけですので、正絹素材、金彩、刺繍、帯地などかなり贅沢な素材が使われております。

  • 何を基準に選んだらよいのですか?

    毎年飾って頂くものですので、気に入った着物や、面相で、色目などあきのこない物が一番かと思います。 大きさの問題もあるかとは、思いますが、ずっとその仮住まいに住んでおられる方も少ないでしょうし、お家の中でのひと月間の飾りものの大きさが、間口や奥行が、3cm、5cm違ったらどうにもならないという事もないと思います。
    後は、ご予算によって、素材や加工度が変わっていきますので、ご予算と雰囲気でお選び頂ければと思います。

  • 羽子板の号数は、CMではどのくらいのサイズですか?

    当業界は、いまだ尺干法を使っておりますので、一号値約3cmと考えて頂けばよろしいかと思います。また羽子板の場合号数の基準は、板の大きさであって、ケースの大きさではありませんのでご注意を

  • 初正月なのですが、喪中となっております。羽子板は飾ってもよいでしょうか?

    お子様の誕生に関するお祝い事は、7つ前は、神の子といって喪に服さなくてもよいという考え方が、あります。

  • 羽子板の最近(現代)の流行りなどはあるのでしょうか?

    現代的な板ですが、背丈が小さく板からはみ出した押し絵の物が多いようです。
    また実際着用の着物では、考えられないくらい豪華に材料を使っています。

  • 羽子板の手入れはどうのようにしたらいいでしょうか?

    羽子板の手入れですが、埃が気になったらそっと毛バタキ等で払って頂く、セロハンをかけて置く場合には数年に一度ラッピング用のセロハンを張り替えると見違えるようにきれいになります。後は、保存場所が、高温多湿の場所にならないことです。

羽子板(はごいた)なら人形工房吉貞で。